ブログ

キュートで可愛いおばさんになりたい

2016/05/24
美容情報

おはようございます。

9日からお休みをいただき、ありがとうございます。

実は今・・・フィレンツェの空港でこのブログを書いています。

イタリア フィレンツェはやっぱり美しい街だと
改めて感動しています。

そして、、年を重ねた女性のオシャレと貫禄は素晴らしいと思います。

60代の女性が白髪に真っ赤なワンピースを着て
白いサンダルにバック

FRT2016顔にはシワがあり、体型もちょっぴりお腹が出っ張り気味

けれど美しい〜〜〜!

日本人の女性と何が違うのだろうか?
DNA? 食事?

私が思うに・・・




イタリア女性は、自分を美しく見せることに貪欲!
もちろん体型にも気を使っているはず
(テレビのCMには、エクササイズマシーン・脂肪燃焼グッズ・矯正下着などなどひっきりなしに
流れていました)




自分が大好きで、自分が満足するオシャレを追求していると感じます。
歴史的な美しい街に暮らせば、幼い頃からの色彩感覚も磨かれますね。

自分が大好き!!
これは、ある意味大切なことなんですよね。

私のサロンにお越しのお客様でなかなか自分を好きになれない!
と辛そうにお話しされる方もいらっしゃいます。

・・・わかります!その気持ち!!!
私も・・・実は自分が好きになれない時がありました!

他の人と比べて自分の欠点ばかりを責めてしまって
自暴自棄になった3年間

なんで私は足が太いんだろう?
なんで私は胸が小さいんだろう?
なんで私は太っているんだろう?

なんで、なんで・・・どうして?・・・

他の人がキラキラ輝いてみえて、羨ましかったです。

自分にないものばかりの目がいってしまって
どんどん自分が嫌になった30代の頃

心もど〜〜んと病んだ時期でした。

そこから這い出したのは
13歳になった息子の一言でした。

朝、いつものように「早く支度しなさい!!!」と連発し
自分ではいけないと思いながらも
朝の忙しさで怒ってしまう・・


毎朝のことながら
反省しながら仕事前に髪を整えている時

鏡越しに息子が、ひょいんと顔を覗かせて
『お母さん、僕はお母さんが大好きだよ』と
にっこり笑って鏡に映る私を見ていました。

思春期の息子に言われた一言が、とても嬉しかったです。

その瞬間から、私を大好きと言ってくれる息子のために
私らしく生きよう!って思ったのです。

たった一人でも、自分を大好きと言ってくれる人がいるって
幸せですよね。

他の人と比べてばかりの自分から卒業できた
息子の一言に、今も感謝しています。

自分と向き合うことが怖かった。
自分を認めることが怖かった。
人にどう見られているか怖かった。

そんな30代の頃があったから
自分に自信がない!と、話すお客様の
気持ちを理解出来る。

フィレンツェに行くと
自分が大好きオーラの女性がたくさんいて
底知れないパワーをいただいております。

自分が楽しければ OK!というところは
見習わなければいと思っております!


もっと自分を大切に
もっと自分に正直に
もっと自分を見つめて

楽しいことを見つける達人になりたいですね!

こうして歳を重ねて
キュートで可愛いおばさんになりたいと思っています!

脂肪を落とすだけのダイエットはもう卒業しませんか?

エスシートが提供する深層筋膜美容矯正
体の中から健康でキレイになる
エステの分野を飛び出した
新感覚のダイエットです!